コラム|鴻巣市で歯科で歯科をお探しの方は【はまだ歯科クリニック】まで

背景色:
文字サイズ:
〒365-0043
埼玉県鴻巣市原馬室114-1
WEB予約
  • 電話
歯・歯ぐき以外のお口の悩みは「歯科口腔外科」へ

皆さんこんにちは。

はまだ歯科クリニックです。

 

歯医者さんは歯やはぐきの病気だけに対応していると思われがちですが、実際の診療範囲はもっと広いです。

 

顎や舌、頬、口腔粘膜などに関わるすべての症状を診ることができますので、お口のことでお困りの際は当院の「歯科口腔外科」にお任せください。

 

お口にまつわるさまざまな病気の診断・治療を実施いたします。

 

今回はそんな当院の歯科口腔外科で受けられる治療についてわかりやすく解説します。

 

顎の関節が痛い・カクカク鳴るのはなぜ?

日本人がかかりやすいお口の病気に「顎関節症(がくかんせつしょう)」というものがあります。

 

顎の骨と頭蓋骨とを連結する関節で、さまざまな異常が生じる病気です。

 

日常的に顎関節の周囲が痛かったり、口を開け閉めした際にカクカク・ジャリジャリといった雑音が生じたりする場合は、顎関節症が疑われます。

 

そのまま放置するとさらに深刻な症状が現れるかもしれませんので、まずは当院の歯科口腔外科までご相談ください。

 

歯医者さんではマウスピースを用いた顎関節症の治療を受けることができます。

 

歯ぎしり・食いしばりで歯が摩耗する?

歯ぎしり・食いしばりが習慣化しているかどうかは、お口の中を見れば一目瞭然です。そうした“ブラキシズム”と呼ばれる悪習癖があると、歯が摩耗するからです。

 

厳密には「咬耗(こうもう)」と呼ばれる現象で、エナメル質がすり減り、その下の象牙質がむき出しとなってしまっているケースも珍しくありません。

 

また、歯ぎしりは歯だけでなく、そしゃく運動の起点となる顎関節にも大きな負担をかけることから、顎関節症のリスクを上昇させる点にもご注意ください。

 

そんな歯ぎしり・食いしばりも、歯科口腔外科で製作するマウスピースで治療することが可能です。

 

当院は土曜も診療、インターネット予約は24時間受付!

歯や歯茎以外のお口の病気は、強い痛みを伴うことも多いので、一刻も早く診てもらいたいと希望される方が少なくありません。

 

当院なら土曜日も診療しておりますし、インターネットなら24時間いつでも予約することが可能です。

 

緊急性を要する場合もお気軽にご連絡ください。可能な限り迅速に対応いたします。

 

まとめ

このように、歯科口腔外科では歯や歯茎以外の病気に関しても、それがお口周囲のものであれば診療することができます。

 

口内炎やお口周りの外傷でお困りの際も、鴻巣市原馬室のはまだ歯科クリニックまでご連絡ください。