コラム|鴻巣市で歯科で歯科をお探しの方は【はまだ歯科クリニック】まで

背景色:
文字サイズ:
〒365-0043
埼玉県鴻巣市原馬室114-1
WEB予約
  • 電話

「根管治療」ってどんな治療?~むし歯でも歯を抜かない選択肢~

皆さんこんにちは。 【はまだ歯科クリニック】です。   むし歯はとても身近な病気で、誰でもかかる可能性があります。 中には症状が悪化してしまい、ひどに痛みに悩まされている方もいらっしゃるでしょう。   かつては、重症化したむし歯の治療法といえば、抜歯しかありませんでした。 しかし現在では治療法の発達によって、歯を残せる可能性が広がっているのです。  … 続きを読む

【鴻巣の歯医者】セラミック治療のメリット5選~気になる銀歯を白い歯に~

皆さんこんにちは。 【はまだ歯科クリニック】です。   むし歯治療などで歯を削った場合、詰め物や被せ物で埋める必要があります。 歯の修復物としてよく使用される銀歯ですが、金属製であるためお口の中で目立ってしまうこともあるでしょう。 「笑ったときに見える銀歯がコンプレックス」など、銀歯に関するお悩みは少なくないですよね。   このようなお悩みをお持ちの方におす… 続きを読む

歯周病は歯を失う原因第一位!歯周病になりやすい人の特徴とは?

皆さんこんにちは。 【はまだ歯科クリニック】です。   人生100年時代といわれる現代において、いつまでも自分の歯で食べることの重要性はますます高まっています。 しかし、何らかの原因で歯を失ってしまうことは誰にでもあり、その中で一番多い原因が「歯周病」です。 なんと、歯を失う原因の4割近くを歯周病が占めています。   続きを読む

「インプラント周囲炎」に要注意!予防していつまでも噛める喜びを

皆さんこんにちは。 はまだ歯科クリニックです。   インプラントは、見た目と機能性に優れた治療法ですが、ケアをおこたると歯周病に似た症状を伴う「インプラント周囲炎」になってしまいます。 しかし、インプラント周囲炎は、きちんとしたケアを続けていれば十分に予防できる病気です。   今回は、「インプラント周囲炎と予防法」についてお話します。   「インプ… 続きを読む

インプラント費用を抑えるなら確定申告で医療費控除を!

皆さんこんにちは。 はまだ歯科クリニックです。   インプラントは自由診療で、当院では治療を行った場合、最低でも1本36万3千円からご案内しています。(税込) 費用は患者様の症状によっても異なりますが、安くはない金額であることに変わりありません。   「インプラント治療にかかる費用を抑えたい」ということであれば、確定申告を行い、医療費控除を申請されることをお… 続きを読む

鴻巣市原馬室で親知らずが痛い時は「はまだ歯科」へ

皆さんこんにちは。 はまだ歯科クリニックです。   大人の歯である永久歯は全部で28本生えてきますが、実はそれにプラス4本、親知らずと呼ばれる歯も生えてくることがあります。   この4本はいろいろと特殊で、その他の歯や周囲組織に悪影響を与えることが多いです。   親知らずが痛いと感じたら、おそらく何らかの悪さをしているのでしょう。   そ… 続きを読む

歯・歯ぐき以外のお口の悩みは「歯科口腔外科」へ

皆さんこんにちは。 はまだ歯科クリニックです。   歯医者さんは歯やはぐきの病気だけに対応していると思われがちですが、実際の診療範囲はもっと広いです。   顎や舌、頬、口腔粘膜などに関わるすべての症状を診ることができますので、お口のことでお困りの際は当院の「歯科口腔外科」にお任せください。   お口にまつわるさまざまな病気の診断・治療を実施いたしま… 続きを読む

合わない入れ歯をどうにかしたいあなたへ

皆さんこんにちは。 はまだ歯科クリニックです。   詰め物や被せ物、ブリッジといった固定式の装置は、使っていく中でずれる・外れるような不具合は生じませんよね。   一方、取り外し式の装置である入れ歯は、その性質上、さまざまな不具合・トラブルに見舞われやすくなっています。   そんな合わない入れ歯に悩まされている方に、是非ともお伝えしておきたいことが… 続きを読む

根管治療ってどんな時に必要になるの?

皆さんこんにちは。 はまだ歯科クリニックです。   軽度の虫歯であれば、細菌に侵された歯質を削ってコンポジットレジンを充填することで治療が完了しますが、ある程度進行した虫歯はそう簡単に治すことはできません。   そこで必要となるのが根管治療です。   そもそも根管治療ってなに? 私たちの歯の中には神経と血管から歯髄(しずい)が存在しています。 &n… 続きを読む

歯の寿命を延ばすなら歯周病を予防するのが一番?

皆さんこんにちは。 はまだ歯科クリニックです。   虫歯になると歯質が溶けて、目に見える形で歯の寿命が縮まっていきます。   それだけに、歯の寿命を考える時、虫歯ばかりに意識が向きがちですが、どちらかというと歯周病の方が危険であるといえます。   なぜなら、日本人が歯を失う原因の第一位は虫歯ではなく歯周病だからです。   歯周病で歯を失う… 続きを読む
1 2 3 4