コラム|鴻巣市で歯科で歯科をお探しの方は【はまだ歯科クリニック】まで

背景色:
文字サイズ:
〒365-0043
埼玉県鴻巣市原馬室114-1
WEB予約
  • 電話

「根管治療」ってどんな治療?~むし歯でも歯を抜かない選択肢~

皆さんこんにちは。
はまだ歯科クリニック】です。

 

むし歯はとても身近な病気で、誰でもかかる可能性があります。
中には症状が悪化してしまい、ひどに痛みに悩まされている方もいらっしゃるでしょう。

 

かつては、重症化したむし歯の治療法といえば、抜歯しかありませんでした。
しかし現在では治療法の発達によって、歯を残せる可能性が広がっているのです。

 

このコラムでは、歯を抜かないむし歯の治療法である「根管治療」についてお話しします。
「むし歯は治療したいけど、できる限り歯は残したい」
このようなご希望をお持ちの方は、ぜひ治療法選びの参考にしてください。

 

[sign]

 

根管治療とは?


「根管治療」とは、むし歯が歯の内部まで進行した場合に行われる治療法です。
この治療では、むし歯菌に感染した神経を取り除き、歯の根っこの内部を清掃・消毒します。
その後、歯に開いた穴をふさぎ、上から被せ物をして歯を再建するのです。

 

根管治療の目的は、歯を抜かずに保存し、機能を回復させることにあります。
根管治療を理解するために、歯の構造を見てみましょう。

 

歯の構造~歯髄とは?~


歯はエナメル質、象牙質、セメント質という硬い組織で覆われています。
歯ぐきより上に露出している部分を歯冠、歯ぐきに埋まっている部分を歯根といいます。

 

また、歯の内部には「歯髄」と呼ばれる組織があり、神経線維や血管、リンパ管などが通っているのです。
歯髄は、歯に栄養を供給し、感覚を伝えるなど重要な役割をもっています。

 

むし歯は歯の表面から発生しますが、進行して炎症が歯髄に達すると、激しい痛みをともないます。
根管治療は、このような重症化したむし歯に有効な治療法です。

 

むし歯は早期治療が重要

根管治療には、歯を抜かずに残せるという大きなメリットがある一方、歯がもろくなったり、治療に時間が長くかかったりするデメリットもあります。

 

むし歯を初期段階で発見できれば、比較的少ない回数で治療ができ、歯を削る量も少なくすみます。
患者さんの負担も軽くなりますので、歯に痛みが出た際には早めに歯医者を受診するようにしましょう。

 

また、日ごろからむし歯を予防することも非常に大切です。
丁寧な歯磨きはもちろんのこと、症状がなくても定期的に歯科検診を受けることをおすすめします。
ぜひはまだ歯科クリニックの定期検診にお越しください。

 


当院の予防・クリーニング>

 

 

むし歯を放置する4つのリスク


むし歯を放置することは、次のようなリスクを高めます。

  • 歯を失う
  • 食欲不振になる
  • 口臭が悪化する
  • 心臓・脳の病気を引き起こす

 

1.歯を失う

むし歯を放置すると、最終的には抜歯が必要になることがあります。
厚生労働省の調査によると、むし歯は抜歯の原因の3割近くを占めているのです。


(参照:厚生労働省 e-ヘルスネット「歯の喪失の原因」より)>

 

失った歯は、二度ともとには戻りません。
大切な歯を1本でも多く残すために、予防・早期治療を心がけましょう。

 

2.食欲不振になる

むし歯が進行すると、食事中に痛みを感じることが多くなります。
その結果、痛みが原因で食事を避けるようになり、食欲不振につながるのです。
栄養状態が悪化することで免疫機能が低下するため、さまざまな病気のリスクも増加するでしょう。

 

3.口臭が悪化する

むし歯にかかったお口の中には、大量のむし歯菌が繁殖しています。
細菌が代謝して発生するガスは、口臭の原因になるのです。
さらにむし歯が悪化すると、歯根の先に膿がたまり、より強い臭いを発します。

 

4.心臓・脳の病気を引き起こす

むし歯はお口の中だけでなく、全身の健康にも悪影響をおよぼすことがあります。
たとえば、むし歯菌が血流を通じて全身に広がり、心臓病や脳疾患などのリスクを高めることが知られているのです。

 

これらの病気は、命に関わる可能性があります。
むし歯を軽視することなく、予防や早期治療を心がけましょう。

 

 

根管治療が必要になる症例


根管治療が必要になる3つの症例について解説します。

 

1.歯髄炎

歯髄炎は、歯髄が炎症を起こした状態で、次のような症状が現れます。

  • 冷たいものや温かいものがしみる
  • じっとしていても鈍い痛みを感じる


炎症が回復することもありますが、回復しない場合は根管治療が必要になります。

 

2.歯髄壊死

歯髄壊死は、俗にいう「神経が死んでしまった状態」です。

  • むし歯で冷たいものがしみていたが、痛みを感じなくなる
  • 歯が変色してくる


歯髄炎の段階では神経が生きているため痛みを感じますが、歯髄壊死では痛みを感じなくなります。
症状が改善していると勘違いされる方も多いのですが、実際は症状がさらに悪化しているのです。
このような症状が現れた場合は、むし歯がかなり進行している可能性があるため、早めに歯医者を受診しましょう。

 

3.根尖性歯周炎

根尖性歯周炎とは、歯根の先端が炎症している状態で、骨の中まで炎症が広がっています。
歯髄壊死で消えていた痛みを再び感じるようになり、次のような症状が現れます。

  • 噛むと痛い
  • 歯ぐきから膿が出る
  • たまに強い痛みを感じる


根尖性歯周炎は自然に治癒することはないため、抜歯や根管治療が必要になります。

 

 

根管治療の流れを解説

根管治療の基本的な流れを説明します。

 

1.治療前の検査


むし歯の進行具合や歯の状態を正確に把握するために、レントゲン撮影やCT撮影を行います。

 

2.麻酔

根管治療は麻酔がしっかりと効いた状態で行います。
当院では、麻酔注入時の負担を軽減するために「電動麻酔器」を導入しています。
麻酔薬を一定の圧力でゆっくりと注入でき、痛みを軽減する効果が期待できるのです。

 

3.感染部位の除去


はじめに、むし歯菌に感染した歯の表面を削ります。
歯髄が露出したら、リーマーという専用器具を使い感染した歯髄を取り除きます。

 

むし歯菌が少しでも残っていると、そこから二次むし歯になる可能性があるため、感染部分は徹底的に除去することが重要です。

 

4.歯根の拡大・清掃

次に、歯根の内部を拡大しながら清掃を行います。
清掃しながら歯根の内部を広げることで、歯根内の隅々まで薬が行き届きやすくなるのです。

 

5.歯根内に薬を充填する

炎症が強い場合には、歯根内に薬を充填してから仮蓋でふさぎます。
数日後、再び歯根の清掃を行い、歯根内が無菌状態に近づくまでくり返し処置を行います。

 

通院回数が多くなることもありますが、指示通りに処置を受けましょう。
途中で治療を中断したり、間隔が空いてしまったりすると、再び細菌が増殖してしまうリスクがあるのです。
結果的にさらに治療期間がのびる二次むし歯のリスクが上がるなど、治療の失敗につながります。

 

6.根管の充填


消毒が完了したら、根管内を充填剤で密閉します。
歯根内にすき間ができてしまうと、そこから細菌が入り込んでしまうため、すき間なく充填することがポイントです。

 

7.義歯の土台を作る

被せ物を固定する土台を作ります。

 

8.被せ物の装着


歯の型取りを行い、かみ合わせを調整した被せ物を製作します。
この被せ物を土台の上に固定し、根管治療は終了です。

 

二次むし歯を予防して残した歯を長く使用するために、治療後は定期メンテナンスにお越しください。

 

 

根管治療の成功率は?

根管治療の成功率は、治療前の歯の状態に大きく影響を受けることが知られています。
根管治療を調査した研究によると、成功率は次の通りです。

  • 健康な歯髄:96%
  • 歯髄炎:96%
  • 歯髄壊死:100%
  • 根尖病変のある歯髄壊死:86%
  • 再根管治療:98%
  • 根尖病変のある再根管治療:62%


このデータから根尖病変がある(歯根の先端まで炎症が広がっている)場合、成功率が低いことがわかります。
この研究は日本で行われたものではないため、そのまま日本の歯科治療に適用はできない点には注意が必要です。
しかし、根尖病変のある再根管治療以外の根管治療は、高い成功率であるといえるでしょう。


(参照:厚生労働省 e-ヘルスネット「歯の神経の治療(根管治療)」より)>

 

 

「はまだ歯科クリニック」の根管治療で歯を残す選択をしませんか?


根管の直径は1mm以下と非常に細く、歯によって形状が異なります。
そのため、根管治療には高い治療技術が必要であり、難易度の高い治療法といえるのです。

 

はまだ歯科クリニック】の院長は、根管治療に力を入れております。
また、当院は診査・診断の精度を高めるために「CT・デジタルレントゲン」を導入しており、充実した治療環境を整えています。

 

「他院では抜歯が必要といわれた」という方でも、当院の根管治療で歯を残せる可能性がありますので、お早めにご相談ください。

 


当院の歯内治療(歯根治療)>

 

鴻巣市にある当院は、バリアフリー設計ですべての世代の方が通いやすい歯医者です。
説明用タブレット」を活用しながら、目で見てわかりやすい説明を心がけております。
治療に関してご不明な点があれば、遠慮なくご質問ください。

 

また、当院では待ち時間軽減のために、予約優先での診療を行っています。
ご予約には、便利なWEB予約をご利用ください。
急患にも柔軟に対応しております。
「歯が痛くてどうしようもない」などお困りの際は、我慢せずにご連絡ください。

 

当院の最寄り駅は、JR高崎線「鴻巣駅」です。
お車でお越しの方は、ピアシティ原馬室の駐車場(211台完備)をご利用いただけます。

 


当院へのアクセス>