コラム|鴻巣市で歯科で歯科をお探しの方は【はまだ歯科クリニック】まで

背景色:
文字サイズ:
〒365-0043
埼玉県鴻巣市原馬室114-1
WEB予約
  • 電話
根管治療ってどんな時に必要になるの?

皆さんこんにちは。

はまだ歯科クリニックです。

 

軽度の虫歯であれば、細菌に侵された歯質を削ってコンポジットレジンを充填することで治療が完了しますが、ある程度進行した虫歯はそう簡単に治すことはできません

 

そこで必要となるのが根管治療です。

 

そもそも根管治療ってなに?

私たちの歯の中には神経と血管から歯髄(しずい)が存在しています。

 

歯髄はとてもデリケートな組織で、一度感染してしまうと保存するのが困難となり、歯の神経を抜く抜髄(ばつずい)が必要となるのです。

 

その後、歯髄が収まっていた根管をきれいにお掃除するのが根管治療の目的です。

 

根管治療をしないとどうなる?

虫歯菌に汚染された神経や根管壁(こんかんへき)は、放置しても良くなることはありません。

 

細菌の数がどんどん増えて、歯の根の先から漏れ出るようになります

 

その結果、歯茎や顎の骨に膿の塊を作ったり、顎骨骨髄炎を発症させたりするのです。

 

そのため、重症化した虫歯は絶対に放置しないようにしましょう。

 

根管治療ってなにするの?

根管治療は、まずリーマーと呼ばれる専用の器具を使って根管の拡大・清掃を行います。

 

その後、洗浄液や消毒液を使用することで、根管内の無菌化を目指します

 

根管はとても細くて暗く、複雑な構造を呈しているため、上述した作業を丁寧に、なおかつ繰り返し行う必要があります。

 

そうして根管内の無菌化が達成されたら、専用の薬剤を充填して、再感染しないように密閉します。

 

当院ならCTを活用した精密根管治療が受けられます!

根管治療は難易度が高く、成功率も低いことで有名です。

 

ただ、はまだ歯科クリニックであれば、歯科用CTなどの先進設備も活用できるため、精密で安全性の高い根管治療が受けられますよ。

 

他院で抜歯する他ないと診断された場合や、再治療のリスクをできるだけ減らしたい場合などはぜひ当院までご相談ください。

 

再発のリスクが少ない、精密根管治療を実施いたします。

 

まとめ

このように、歯の根の治療は重症化した虫歯で必要となります。

 

歯を残せるかどうかが決まる重要な治療となりますので、期間が長くなっても中断せず、最後までやり遂げるようにしましょう。

 

鴻巣市原馬室のはまだ歯科クリニックなら、皆さんの大切な歯を残すために、全力を尽くす体制を整えております。