コラム|鴻巣市で歯科で歯科をお探しの方は【はまだ歯科クリニック】まで

背景色:
文字サイズ:
〒365-0043
埼玉県鴻巣市原馬室114-1
WEB予約
  • 電話
歯の寿命を延ばすなら歯周病を予防するのが一番?

皆さんこんにちは。

はまだ歯科クリニックです。

 

虫歯になると歯質が溶けて、目に見える形で歯の寿命が縮まっていきます。

 

それだけに、歯の寿命を考える時、虫歯ばかりに意識が向きがちですが、どちらかというと歯周病の方が危険であるといえます。

 

なぜなら、日本人が歯を失う原因の第一位は虫歯ではなく歯周病だからです。

 

歯周病で歯を失うメカニズム

歯茎の病気である歯周病で、なぜ歯を失うことになるのか、不思議に思われる方も多いことでしょう。

 

実は歯周病というのは、単に歯茎が腫れるだけの病気ではありません

 

自然には治らないので放置すると、歯茎や顎の骨が破壊されていきます。

 

歯茎が下がる」「歯がグラグラする」現象は、歯周組織が壊されている証拠なのです。

 

最終的には歯を支えることが困難となり、抜歯を選択せざるを得なくなります。

 

ケースによっては、自然に抜け落ちることもあります。

 

歯周病を予防するにはどうしたらいい?

歯周病は、歯の寿命を縮めるというより”命を奪う“といっても過言ではない病気です。

 

しかも、一度重症化させてしまうと症状を改善させるのが困難な点も厄介です。

 

そのため、歯周病は早期発見・早期治療することはもちろんのこと、予防するのが最善といえます。

 

そもそも歯周病にかからなければ、歯茎に炎症が起こることもありません。

 

そこで是非とも受けていただきたいのが定期検診・クリーニング、ブラッシング指導です。

 

そんなことで本当に歯周病を予防できるの?と疑問に感じるかもしれませんが、歯周病予防にはとても有効です。

 

定期検診が歯周病予防に効果がある理由

定期検診・メンテナンスでは、ブラッシング指導を受けることができます。

 

どのような部位に磨き残しが多いのか、今現在の歯磨きの方法にはどのような問題点があるのかを口腔ケアのプロフェッショナルから教えてもらうことができるのです。

 

その上で最善といえるブラッシング法の提案がありますので、日々のセルフケアにお役立てください。

 

また、定期検診では、細菌の温床となる歯垢・歯石・バイオフィルムを一掃できることから、歯周病のリスクを大きく下げることが可能となるのです。

 

まとめ

このように、かけがえのない天然歯をいつまでも健康な状態で使い続けるためには、虫歯だけでなく、歯周病もしっかり予防しなければなりません。

 

一生涯、ご自身の歯でしっかり噛みたいという方は、定期検診・メンテナンスを受けて歯周病を予防していきましょう。

 

ピアシティ原馬室内で開業している「はまだ歯科クリニック」なら定期的に通院しやすいですよ。